忍者ブログ
ハーブ漬け
[145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


みなさんこんにちは。
やっと更新です。。たぶんね、もう、ブログ
ちょっとあきちゃった。。 ??




まあまあまあ、

何週間か前にベルリンにやっと行ってきました。
一人で行くつもりだったけど、やっぱりととろ嬢と行くことに。
今回の旅のテーマは
「オスタルジー」。

オスト(東)+ノスタルジー でオスタルジー。
旧東ドイツを懐かしむといった意味のこの言葉が
今ひそかにドイツで人気です。

旧東ドイツを懐かしむっていっても、
共産主義を懐かしむわけではなく、
旧東ドイツの人達が日々使ってたモノ、
食べてたものなんかが、そのなつかしいデザインゆえに
再びもてはやされてるそうな。

私はもっと前から目ぇつけてたけどね。
なんて言っても誰も信じてくれないけど。。


さて、私たちが今回泊ったところは、どこかで広告を見てずぅっと気になってたオステル。
オスト(東)+ホテル でオステル。

一部屋一部屋内装が違ってて、全部東ドイツの部屋が
再現されてるというオスタルジーむんむんのホテル。
外装はいたってフツー、西ドイツだったけど、
レセプションはもう東でした。
古き良き(?)時代のリビングルームでした。



これは私たちの部屋。
この壁紙、はがして持って帰りたいくらい可愛かった。
どの部屋にもホーネッカーさんの肖像があるみたいです。

レトロなラジオ、ランプ、テーブル、ソファーって
揃ってたのに、なぜかカーテンは中途半端にモダンなひまわり柄でした。
「これはぜったいオスタルジーじゃない!」なんて言いつつも、
素敵なお部屋でした。




オスタルジーとはいっても、
忘れてません。



夢にまで見たダンキンドーナツ。
前回行くときの第一目標だったドーナッツ。

もちろんベルリンに到着してまずしたことは、
ダンキンドーナツさがし。
探すまでもなくすぐそこにありました。
ベルリン滞在中は毎日食べました。お土産ももちろんドーナツ。
12個入りの箱をかかえて帰り、全部食べるのに三日かかった。。

味はね、、
ミスドみたいなケーキっぽいしっとりドーナツ想像してたから
正直ちょっとがっかり。
ドイツのパン屋さんに売ってある揚げパンみたいなすかすかドーナツでした。
でもね、うえにのっかってるシロップとかが
美味しかった。しかもけっこう安い。
ベルリンの外食は概してハンブルクより安かったです。




お腹を満たしつつ、オスタルジーを探す旅は続きます。




旧東ドイツ博物館にあったトラバント、通称トラビ。
車のくせに車体はプラスチック製。たぶんけっこう危険。
運転席に座ってみたけど、おもちゃみたいでした。
ドイツではほとんど走ってるところはみかけないけど、
ずっと前にポーランドに行った時、実際にトラビが
走ってるのを見て大興奮したのを思い出します。

前にハンブルクの町中を走るトラビを一回だけ見たけど、
今にもネジが外れて車体が四方八方に分解しちゃいそうな音をたててました。

こんな車だけど、国に「トラビください」ってお願いしてから
実際に手に入るまでに何年も待たなくてはいけなかったそう。
博物館にはレトロでかわいいモノがたくさん展示してあったけど、
あんまり質の良くないもの、バリエーションもとてもたくさんあるとはいえなくって、軽々しくオスタルジーを口にして喜んでる自分がちょっと
恥ずかしくなりました。当時の人達の生活は、私が想像してたよりもずっと
大変だったんだと思います。



さて、現在の旧東地区はめまぐるしい発展を遂げているようです。
街角を見ても、西側と東側の差ははっきりとわかりました。

東側は汚くって、浮浪者もいっぱい。
ハッピー(に見える)な西側と比べて東側はどこか寂しげ。
西側で生まれ育った人の中には、東側に行きたがらない人も多いとか。

でも発展途上中のエネルギーを色んなところで感じました。
コギタナイかっこいいカフェがずらりと並ぶ通りや、
かつてのビール工場に、劇場やギャラリーがはいってたり、
そこゆく人もどこかスタイリッシュでした。




そんな東側にある、たぶんベルリンいち美味しい
行列のできるカリーヴルスト屋さんで食べました。

グリルしたソーセージを一口大に切って、
カレー味のケチャップで食べるカリーヴルストは
ベルリンの名物です。

ハンブルクでもこれは食べれるんだけど、
ここのは、なんか
なぜだかなんか
とってもハンブルクの何倍もおいしかった。

ソーセージ自体がすごくあっさりしてました。
ソースのカレー具合も絶妙。さすがベルリンいち、さすが行列。

もう一回べつのお店でカリーヴルスト食べたけど、
ハンブルクよりやっぱり何倍もおいしかったけど、
ベルリンいちのカリーヴルスト屋さんにはぜんぜんかなわないかんじでした。



しかしベルリンはデカい。
2泊3日じゃとてもとても全部見れない。
しょっちゅうカフェに入ってしまう私たちじゃ、
たぶん一週間でも少ないかも。

ブランデンブルク門とか、国会議事堂とか
観光名所はことごとくはしょったのに、
毎日くたくたになるまで歩き回ったのに、
まだまだ見てないものがたくさん。



また行きたいな〜。
次行く頃にはまた、東の街の風景も変わってるんだろうなぁ。

















PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
きゃ〜〜ん、やっとベルリン報告だわ(笑)。楽しく過ごせたみたいでよかったね^^♪

東ドイツ時代を実際に知っている訳ではないから、文章や映像だけではよく分からないよね。でもDDRの雑貨は確かにかわいい!でもそこからドイツを知って行くのもきっとアリだよね。
オスタルジーって言葉、私も好きだよ。

それにしてもすんごいドーナツを食べたんだね〜〜^^これで満足☆だね!

落ち着いたらパソコンメールするね♪メルアド変わってしまったけどまだ報告してなくて、ごめんねぇ。
NORIKO URL 2008/09/13(Sat) 編集
NORIKOちゃん♪
ひさしぶり〜。

留学したときまずはじめにベルリン行ったね〜。
アレキサンダープラッツからホームステイしたお家までの道、ちゃんと覚えてたよ。懐かしかった。

ハンブルクにもどってきてすぐ
グッバイレーニンとベルリンの夏のDVDを見たよ。

またいきたいな〜☆
nao 2008/09/28(Sun) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
yadorigi
年齢:
36
性別:
女性
誕生日:
1981/02/10
趣味:
くうねる
自己紹介:
SKYPE で会いましょう
naoguchiyamaです☆
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[01/20 あや]
[01/18 nao]
[01/18 nao]
[01/18 nao]
[01/05 NORIKO]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』