忍者ブログ
ハーブ漬け
[7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


思えば私の日本滞在は、
関サバに始まり関サバに終わったような気がする。

初めの方で、叔父さんに何の気なしに言った
「関サバが食べたい」発言。

グルメな叔父さんは、そんな私の願いを叶えるべく、
まず大分行きを計画してくれました。
でも、昼ご飯に福岡から高速のって大分まで
わざわざ行ってもらうのもちょっと申し訳なくって、
別の機会にということに。

その後叔父さんはさらに、よく行く居酒屋さんの板長さんに
お願いして、特別関サバを仕入れてもらうことに。

そして、日本で最後の日曜の夜、

じゃ〜ん。

きらきらひかる関サバの刺身。 

脂が乗って、独特の臭さもなくって、
ぷりっぷりで、本当に美味しかった。
サバの刺身は今までほとんど食べたことなかったから、
これはかなり感動でした。

刺身もどんどんいけちゃうととろ嬢も、
おいしそうに食べてました。


この居酒屋さん、福岡県糟屋郡粕屋町にある
新鮮なお魚を食べさせてくれる居酒屋さんです。

おばあちゃん、叔父さん家族が
よく連れて行ってくれるお店なので、
ここに来るのも日本に帰る時の楽しみの一つです。
季節の料理、イカの活き造り、
とにかくなんでも美味しい。

この日も関サバ、イカの活き造りから
山芋鉄板、たこの踊り食い、クジラの刺身、
サイコロステーキ、焼きおにぎりまで、
おなかいっぱいいっぱい、胃袋はじけそうなくらい
食べました。


今回はもうとにかく関サバでした。
あれこれ手を尽くしてくれた叔父さん、本当にありがとう☆






まるまる屋  
福岡県糟屋郡粕屋町長者原210-1 
(092-938-0178)

ぜひ!

PR

一ヶ月も日本にいたくせに、地元の友達に会えたのは
一回だけでした。。私の連絡とり無精、そろそろ改善しなくては。。

2006年11月の友達の結婚式以来の再会でした。

そんなに会ってなかったのが信じられない
ハマりまくるあほなツボ。
今回たこやきの会を主催、場所提供をしてくれた
天然ちゃんのボケにハマりつづける新婚さんと私。
もう高校時代からずっと変わらないこの調子、
これからもずっとずっとこうであってほしいな。


笑いすぎでよじれるお腹で
野菜とかたことか切って、ひなまつりだから
手まり寿司もつくって、天然ちゃんがパン教室でつくってきた
桜餅もならんだところで、あと二人が到着。

いつもの五人で、たわいないおしゃべりしながら
あつあつのたこやきやお寿司をいただきました。


どんなに高級な料理よりも、
大好きな人達と食べる手作りの料理のほうが
私にとってはとびっきりの御馳走です。


つい先月会ったかのように再会して、
また来月会えるかのようにお別れしたみんな、
遠く離れてはいるけど、私はみんなを近くに感じています。
(勝手に。)

次帰る時はもっとたくさん
会おうねぇ。


ごちそーさまぁ、ありがとう♪



http://www.makimakiya.jp/

この日のデザートのマキマキ屋のロールケーキ。
もしかしたら一人で一本いけちゃうんじゃないかってくらい
美味しかったです。 
甘過ぎないけどこくのあるクリームと、ふわっふわのスポンジ☆
遠賀にお店があるそうです。ぜひ。







今回はるばるやって来てくれたととろ嬢に
福岡がどんだけ素敵な所か見せたくって、
もうすぐ就職で東京に引っ越してしまう従姉妹のトミーちゃんと
福岡観光してきました。


季節的にもぜったい外せない太宰府天満宮から。



うめうめうめ。
みんな少しづつ違った色の花を咲かせた、梅の木たちから香る
うっすらほんわかした香りにうっとり。。

香ばしい焼きたての梅ヶ枝餅を食べながら
ひらひら散る梅の花びら見て、日本人に生まれてきたことに感謝。
なぜかここでトミーちゃんより私より日本人らしい
ととろ嬢は、一句ひねってました。

その後、参道にあるおせんべい屋さんのぬれおかきも
忘れずに食べてきました。
ぱりぱりのおせんべいに慣れてるととろ嬢には、
ぬれおかきはちょっと気持ち悪かったみたい。



次に太宰府から都市高速で百道方面へ。
人生で2.3回しか都市高にのったことのない私は
運転席で緊張のせいで高テンション。
助手席で高テンションがうつってしまったととろ嬢。

前二人でぎゃあぎゃあ言ってるのをよそに、
後ろの席ではトミーちゃんいきなり爆睡。こわくなかったのかな。


なんとか福岡タワーに到着。
ガラス張りのエレベーター、100メートル以上上昇です。
死ぬかと思った。高所恐怖症です。

てっぺんに着いてしまえば大丈夫だったけど。
黄砂のせいで全体が霞みがかってたけど、
福岡の街を高い所からじっくり見てきました。
野球やってたら見に行けたのに、この日はオープン戦の中休みの日でした。


タワーを出て、マリゾン周辺をおさんぽ。

最後まで埋め立てじゃない本物の海岸を、
海っ子ととろ嬢に見せてあげれなかったのが
今でも心残りです。。

海岸沿いにあるカフェで休憩してから
マリノアでお買い物。
思ってたより時間がかかってしまい、夜10時近くなって
屋台へ向け出発、
行きたかった方向に行く道を見つけられずに、
天神の屋台に行くことに。


ほろ酔いサラリーマン達にまぎれて
焼き鳥、ラーメン、めんたい卵焼きを食べました。
屋台に慣れてない私たち3人は
若干キョドりながら、そそくさと食べ終え
家路についたのでした。



私にとっては福岡を再発見した一日でした。
二人にとっても楽しい一日になってたらいいなぁ。

地元を離れるトミーちゃんも、
やっぱり博多が一番やねって思ってくれるといいなぁ。


私はもちろん、福岡がやっぱり一番やねって思ってます。










長崎から帰ってきた次の日、
週末を使って家族で別府温泉に連れてってもらいました☆
ドイツにいる間、どんなに温泉が恋しかったことか!

別府は今まで何回か行ったことあったけど、
今回初めて「地獄巡り」をしてきました。

オーソドックスな血の池地獄から、真っ青な海地獄、
泥がふつふつと湧いてる鬼石坊主地獄、なぜか動物園になってた山地獄、
ピラニアを飼育してた白池地獄、わにがうじゃうじゃいた鬼山地獄、
30分ごとにお湯が吹き出る龍巻地獄、おまんじゅうがおいしかった
かまど地獄まで、
プリンやらゆで卵やら食べながら地獄を巡ってきました。

途中雪が降り出してものすごい寒かったし、
ずっと硫黄臭かったけど、吹き出す温泉見ながら
自然ってほんとに壮大で不思議だなって思いました。

温泉バンザイ!!



そして高崎山の猿たちにも会ってきました。
昔に比べると、猿たちも人間に慣れて
襲いかかって来たりとか、バッグの中身を持ってったりとかは
しなくなったらしいんだけど、やっぱり目を合わせるのは恐い。


毛繕いにうっとり、悩殺小ザル

でも無邪気な小猿たちはかわいくって
一匹こっそり持って帰りたかった。

高崎山のふもとには、うみたまごっていう水族館があって
セイウチのショーをやってました。
でっかくてノロそうなセイウチたちの
意外な芸達者ぶりと、愛嬌たっぷりの表情に
めろめろでした。

ショーの後のふれあいタイムでは、
にぎりこぶしをセイウチの口の前に差し出して
ぶっっちゅぅ〜って超濃厚なキスをしてもらって、
魚臭くなった手をにおっては、うれしいやら悲しいやら。。

うみたまごでは、いろんな魚や動物がいたけど、
水槽がちょっと狭くって、魚たちがちょっと窮屈そうで
かわいそうでした。。



次の日、外は雪。
山道凍結してるかなぁなんて言いながら
山道に突入。

こおってました。じゃりじゃり。
途中、アイスバーンの上で横転してる四駆の車があって、
あれを見た時は本気で血の気が引きましたよ。。

途中、持参してたタイヤチェーンをまいて、
さらに山の中へ。

真っ白です。大好きな山道が全く違って見える。
雪景色にうっとりしつつ、道路が凍ってるところにきたら
地面とにらめっこ。実はとってもどきどきしてました。
隣にすわるととろ嬢も、顔が引きつり気味だし。

でもすごいキレイで、雪遊びも楽しかった☆
おとーさん、運転おつかれさまでした。





山っ子両親の影響で、
私も山道ドライブがすごく好きです。いつも通る山道、
季節ごとに違う景色、シェタニのバームクーヘン、
ミルクたっぷりのソフトクリーム、がっつり肉味のする肉製品、
ひんやりした空気、緑のにおい、
そんなものたちが、あぁ帰って来たんだなぁって気分に
してくれました。

ニッポンの山バンザイ!!






日本の生活時間にひととおり慣れてから、
一泊二日で長崎に行ってきました。

長崎では、NORIKOのHappy Log!のNORIKOちゃんと約3年ぶりの再会を果たしました。

NORIKOちゃんは、長崎の短大時代からの友達で、
当時半年間デュッセルドルフに留学してたとき
隣同士の部屋に住んで、それはもういっぱいいっぱい
お世話になったひとです。


ブログから伝わってくる良いおかあさんっぷりと、
昔の面影もそのままで、まるで前回会ったのが
先週のことのように、やさしくて心地よい時間を過ごすことができました。

「あー、このカメラブログでみたよー」
とか
「この靴も絶対日本に履いてくると思いよったよ」
とか、私のブログの内容まで覚えてくれてたのに感動でした。
NORIKOちゃんのなかで、福井ととろが、福井とろろになってて、
ととろ嬢に真顔で
「山芋とか納豆が好きなんですか?」ってきいてたのが
なんか可愛くて面白かった。笑。



一緒に学生時代を過ごした友達が、
今の自分とまったくちがった人生を生きてるっていうのは、
あたりまえなんだけど、すごく不思議な感じ。
ぷらぷら遊び暮らす私と、家族を持ってるNORIKOちゃん。


でもこうして時々久しぶりに会って
カフェでまったりおしゃべりして、次はいつ会えるんだろうって
それを楽しみに、またそれぞれの生活にかえっていくのも
おもしろいなぁって思います。

次は是非まるちゃんにも会いたいなぁ。
NORIKOちゃん、ほんとにいろいろありがとうね。
ちゃんぽんキューピー、ケータイにさげるには
もったいなすぎて、机にかざってるよ。
いつかドイツ行きが決まったらぜったいうちに来てね〜。





大好き市電はどこまで乗っても一回100円。

2月21日は、長崎ランタンフェスティバルの最終日で、
ぎりぎり間に合ったランタンを見物して、
稲佐山の夜景を見に行って、
次の日は平和公園に出島見学と
こてこての観光客になってきました。


懐かしいと新しいがいっぱいあって、
学生時代には気付かなかったけど
ほんとに情緒ある良い所に住んでたんだなぁってしみじみしました。

次日本に帰る時もまた行きたいなぁ。







プロフィール
HN:
yadorigi
年齢:
38
性別:
女性
誕生日:
1981/02/10
趣味:
くうねる
自己紹介:
SKYPE で会いましょう
naoguchiyamaです☆
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[01/20 あや]
[01/18 nao]
[01/18 nao]
[01/18 nao]
[01/05 NORIKO]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』