忍者ブログ
ハーブ漬け
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハンブルクのはしっこに実は昔のナチスの強制収容所の跡がある。

今日は朝から友達の自然児君と、30分電車にゆられ、
その後さらに30分バスに乗って行ってきたよ。

その場に立って二人して感じたことは、


重い。


そこの空気と歴史が一斉にのしかかってくる。

いつもなら写真を撮りまくる自然児君も私も、そこではカメラを
取り出す気にすらなれなかった。

収容所全体はものすごく広くて、徒歩で全部まわると3時間はかかる
らしい。その周りも広大な農地が広がってて、
葉っぱの全部落ちたあとの寒々とした木がちらほらあって、
それがまたものがなしいかんじ。
ユダヤ人たちが収容されてた宿舎は、全部取り壊されてた。
でも、宿舎があった跡はちゃんとあって、とてつもなく
長い建物が6棟くらいあったらしい。

その縦長の宿舎に、3段ベッドが3列あったらしくて、
そこに収容されたユダヤ人は94,000人にもなるって。

私の生まれた町の人口ほぼそのまま、
収容されて強制労働させられてたんだよ。
そこで命を落とした人、生き延びたけど生涯苦しみを味わい続けた人、
その人たちの友人や家族、たくさんの人の悲しみが
伝わってくるようでした。収容所内の展示物見てる間、ずっと
トリハダたってたよ。。

考えてみると、第二次世界大戦が終わってまだ60年しか
たってないんだね。ここから生きながらえて、今を生きてる人も
たくさんいる。
なんていうんだろう、
もっと遠い昔のことのような気がしてたな。


ドイツ人とその周りの国の人たちの間に未だ感じる
小さなわだかまり。
戦争がそうさせてしまったことなんだけど、
実際手を下す人たちは、きっと仕方なくそうしてしまったことなんだけど、
ホロコーストはほんとに大変なことだと思う。

ただね、日本人と比べるとね、こうやって収容所残したり、
戦争被害者の支援を続けたりしてるドイツは、偉いと思う。
日本人がアジアの国のたくさんの人たちにしてきたことは
どうなるんだろう。
学校では教えてくれない、誰も語ることはない。
これでいいの?
日本はいつかアジアの国々ともっとちゃんと交わえるのかな。



重い心で収容所を出てきたんだけど、
もうここには来たくないなって思ったけど、
好きなドイツのもう一つの暗い重い一面を見れて、よかったのかも。


壮大な歴史の上に私は生きてる。そんなことを実感しました。
世界中から、争いごとや戦争が全部なくなる日が
はやくおとずれますように。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
yadorigi
年齢:
36
性別:
女性
誕生日:
1981/02/10
趣味:
くうねる
自己紹介:
SKYPE で会いましょう
naoguchiyamaです☆
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/20 あや]
[01/18 nao]
[01/18 nao]
[01/18 nao]
[01/05 NORIKO]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』